音楽とお酒とものづくりと

Web初心者の新人エンジニア(園児neer)奮闘記

CakePHP+XAMPP+Macの環境構築

研究室内プログラミング大会で使用する言語がPHP,利用するフレームワークCakePHPとなったため,その環境構築を行いました.今回はその備忘録です.

 

XAMPPのインストール

XAMPPとは(以下wikipediaより引用)

ウェブアプリケーションの実行に必要なフリーソフトウェアをパッケージとしてまとめたもので,apachefriends.orgから提供されている.

ApacheMySQLPHPといったウェブアプリケーションに必要なものが一括でインストールできる便利なものらしいです.

というわけでXAMPPをインストール.

ダウンロードは以下の公式サイトから.

https://www.apachefriends.org/index.html

 

CakePHPのインストール 

まずはCakePHPを以下のサイトからダウンロード.

http://cakephp.jp

 

今回は現在安定版の2.6.4をインストールします.

ダウンロードが終わったら,zipファイルを解凍し,フォルダ名をcake(なんでもよい)に変更します.

そしてそのcakeフォルダを以下のディレクトリに置きます.

Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs

 

それが終わったら,XAMPPを起動し,適当なウェブブラウザから以下にアクセスします.

http://localhost/cake

すると緑やら赤やら黄色やらカラフルな画面が表示されます.

 

が,ここでfatal errorが出てしまいました.

どうやらユーザからの書き込み権限をapp/tmpフォルダに与えてやらないといけないそう.

というわけでターミナルから以下のコマンドを実行します.

 

chmod -R 707 /Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/cake/app/tmp

 

次に,以下のファイルを編集します.

/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/cake/app/Config/core.php

 

以下のコードのxxxxxxがSecurity.saltとSecurity.cipherSeedになっている部分の第2引数の値を適当な英数字の文字列に書き換えます.

 

Configure::write(‘xxxxxxxxxxx’,…..);

 

次にデータベースの設定を行います.以下のファイルを

/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/cake/app/Config/databese.php.default

 

次のように変更します

/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/cake/app/Config/databese.php

要するに,.defaultをファイル名から削除.

 

そして変更した後のファイルの

public $default = array{

}

の中身を書き換えます.

 

今回は

‘login’ => ‘root’;

‘password’ => ‘’;

‘database’ => ‘test’;

 

に変更しました.

もちろんこのままだとよろしくないので,後から適宜変更してください.

 

データベースの作成

データベースを作成します.以下のアドレスにアクセスします.

http://localhost/phpmyadmin/

するとデータベースの管理画面に移ります.

 

しかし,今回ここでエラーが出ました.

設定したユーザ名やパスワードが一致しない等怒られています.一致してるのに・・・

ということで調べてみると,単純にMySQl Databaseが起動していないのが原因だったっぽい.

というわけでXAMPPフォルダのmanager-osxを起動し,Manage ServersタブからMy SQL DatabaseをStartしてやれば,問題なくログインできました.

 

で,ログイン後はデータベースを作成します.

名前は

/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/cake/app/Config/databese.php

で書き換えた通りにします.

 

最後にDegub Kitをインストールします.

どうやらcakephpバージョンの2.3以上からはdegub kitの導入を推奨しているようです.

Debug KitはGitHubからダウンロード.

 

ダウンロードしたフォルダをDebugKitとリネームし,以下のディレクトリに置きます.

/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/cake/app/Plugin

 

そして以下のファイルを下記の通り編集します.

/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/cake/app/Config/boostrap.php

 

CakePlugin:a:load( ‘DebugKit’);

を追記したら終了.

 

これでlocalhostにアクセスすると全てのエラーや警告が消えていると思います.

 

最後に

これでcakePHPの環境が構築できました.

プログラミング大会も各班アイデアが出揃い,いよいよ本格的な実装が始まるといった感じです.